無頼庵’sブログ

JRA競馬予想と競馬に関する独断と偏見のブログです。https://twitter.com/BrianYs07

小倉の鬼

今週は小倉競馬場では小倉大賞典が執り行われます🐴

レース名を見て突然思い出した馬がいます💡

その名をメイショウカイドウといい小倉の鬼と言われた名馬です。

2002年の1月に3歳で京都のダート新馬戦でデビュー3着。

その後ダートで6戦し(0-1-2-3)
芝に路線を変えて4戦目の7月にようやく未勝利戦を初勝利🌟

初勝利までに10戦を費やし勝利を挙げたのが小倉の1800m戦。

その後もダートを使ったりしながら地方の笠松に転戦して4歳2月にやっと2勝目を挙げたあと阪神のダート戦で惨敗💩💩

4ヶ月半の休養を挟んで迎えた7月の小倉、日田特別芝1800m戦を2着に0.6秒差をつけて快勝🎉

突如覚醒したかのように小倉戦を圧勝続きの3連勝🏆

ここからメイショウカイドウの小倉の鬼伝説が始まる❗

その後他場でも善戦を繰り返し明けて5歳6月に東京競馬場で当時の1600万特別戦を勝ち上がってオープン入を果たすと続く小倉の北九州記念で2着に💡

次戦の小倉記念で重賞初勝利🏆

その後も8歳まで現役を続け、他場では福島で七夕賞を勝っているものの目立った成績を挙げられなかったものの、小倉に来ると水を得た魚の如く大活躍。

小倉大賞典北九州記念小倉記念連覇と無類の強さを発揮⚡⚡

生涯成績(11-6-6-20 地方2戦1勝を含む)に対して小倉では(8-1-2-5)重賞4勝と圧倒的な存在感を示した🌟

引退後は大好きな小倉競馬場誘導馬として過ごしました。

馬にはコース適性というものがあるが、ここまで見事に存在感を示した馬は珍しく、小倉の鬼という異名を戴いた個性的な馬でした😆🎵

さて今回の小倉大賞典でも小倉が好きな馬が活躍するかも知れません😊👍

f:id:masa-million:20210217043214p:plain
小倉三冠制覇のメイショウカイドウ

共同通信杯を回顧する♪

3歳クラシックに向けて、各陣営ともに有力馬を出走させるために賞金獲得を狙ってローテーションを組んだりレース選択に頭を痛める時期になってきました😊

今の所、3歳牡の勢力図は最優秀2歳牡に選ばれたダノンザキッドを筆頭に混沌とした状態にあります。

そのダノンザキッドとて絶対視できる存在ではないと思っています。

そんな中、今回の共同通信杯は期待馬が多く出走してきて個人的には本当に楽しみなレースでした🎵


実績的に最右翼だった朝日杯FS2着、1番人気のステラヴェローチェが5着に敗れたうえに、4番人気のエフフォーリアが勝ち、新馬勝ち2戦目7番人気のヴィクティファルスが2着に入線したことで荒れた結果となりました⚡


馬券的にはともかく、このレースは結構良血馬揃いだったうえに上位を占める結果となっていました。

3着の2番人気シャフリヤールについては皐月賞アルアインの全弟ということもあり戦前より評価が高く相応の結果は出したものと思います。

勝ったエフフォーリアについてもデビューから連勝でここに臨み期待もされており、血統的にもサンデーの4×3のインブリードを持ち、さらに3代母Katiesからは名馬ヒシアマゾン他2頭の重賞ウイナーを輩出している血統馬💡

また、7番人気で2着に激走したヴィクティファルスは当初気づいてなかったのですが、追切りの力強い動きが気になって…、改めて調べてみると祖母にシルヴァースカヤがいました💡

そう!圧倒的な走りで幻のG1馬として期待されたシルヴァーステートの甥にあたる血統だったのです😊✋

そして4着に入ったキングストンボーイも皐月賞エポカドーロの半弟であり、このレースの上位馬はクラシック本番でも活躍が期待される馬たちが揃っていたと見ています🧐

f:id:masa-million:20210215214608p:plain
共同通信杯2着ヴィクティファルス(日刊スポーツより)

きさらぎ賞展望

本来は京都競馬場で開催されていたきさらぎ賞🐴
今年は中京開催となる。

今回は、前走ホープフルS3着のヨーホーレイクが人気の中心だろう⭐

また、前走同レース4コーナーで逸走し競争中止となったランドオブリバティも素質の高さから人気の一角を占めるだろう😊✋

他では、京都2歳S2着のラーゴム、朝日杯FS7着ドゥラモンド、東スポ2歳S5着・梅花賞2着のヴェローチェオロ。

新馬勝ち直後のダノンジェネラル、ディオスヴァリエンテも未知数ながら素質を感じさせる。

過去の同レースデータからは、新馬勝ち直後の馬には厳しい結果となっており、過去10年でも3着以内に入った馬は2頭しかいない。

データはある意味、傾向として有意であることは確かだが、自分としてはあくまでも過去の傾向であって全てではないと考える方なので、多少意識はしつつも特に拘らないことにしている。
その中で、新馬勝ち直後でまだ判断が難しいとはいえ目に止まった穴馬がいる!

ディオスヴァリエンテである😉👍🎵

前走新馬戦1800mは4番手から直線抜け出し1:50.4で2着のボーデンをクビ差抑えて勝利!
負けたボーデンはその後東京の1800m未勝利戦を1:45.2の2歳レコードで2着馬を6馬身千切って快勝。⚡
4馬身突き放した3着のアサマノイタズラもその後の未勝利戦を4馬身差をつけて快勝している。

勝ち時計も年末の中山の重い馬場を考慮すれば新馬としては及第点でありレベルの高いレースだったことを伺わせる🏆

母デラディアノビアはオークス3着。重賞3勝を挙げており、その産駒からドレッドノータス、デラディアマドレと2頭の重賞勝馬を出している。
ただこれまでG1で活躍する馬は輩出していない。

父はロードカナロア
言わずと知れた世界のロードカナロア。アーモンドアイを送り出したトップクラスの種牡馬
母デラディアノビアはこれまでキングカメハメハハービンジャーとの配合が多く、ロードカナロアとは今回初の配合。
ロードのスピード配合により新味を期待したい。

人気が予想されるヨーホーレイクは、あえて言えば今の所ズブい面があってジリ脚気味に感じており、信頼度はそう高くないと思っている。わずか13頭の登録ながら平穏には収まりそうもない💡

f:id:masa-million:20210203132731p:plain
画像左がディオスヴァリエンテ(JRA-VANより)

シルクロードS見解💡

2021.01.31(日)中京11R シルクロードS GⅢ 芝1200m ハンデ戦

コースは本来の京都から今年は中京開催に変更になったといえ、例年荒れ傾向にあるレース💡

まして今開催の中京は、馬場が荒れて馬券も荒れまくり⚡

なおかつ、今週からBコースに変更、馬場の内側の傷みが激しく内ラチを仮柵で囲っても補いきれない状態。

さらにハンデ戦とあって超難解なレースとなっており、間違いなく荒れると思われる。

個人的見解から言えば、メンバーレベルも特に高いとは思えない。


ならば❗思い切った勝負もあり😉🎵

軸馬は下記2頭◎○のいづれか馬体重・パドック・返し馬をみてから💡

【軸馬】
◎ 9.ヴェスターヴァルト(現在7番人気)

オープン競走昇級戦。
そのあたりからか意外な低評価。
しかしながら3歳春のファルコンSではラウダシオンに続く3着の実績もある。その後は善戦はしてもイマイチ波に乗り切れずにいたが、ここにきて連勝でオープンいり🎉
前走中京の1400mを1:20.3で勝っており1ハロン短縮でも対応できるはず。あえて難をいえばスパッと切れる脚がないものの、今の時計のかかる馬場はプラス💡

○12.ラウダシオン(現在2番人気)

6ハロン戦は2歳のデビュー時以来だがスピードには対応できるはず。左回りは4戦4連対と得意としている。安定感ではこちらかも知れないが…😅

【爆穴】
☆11.リバティハイツ(現在10番人気)

3歳時春に重賞Fレビューを勝ってからは、詰めの甘さから長らく勝利に見放されていたが、前々走で2年半ぶりの勝利を挙げた。
前走、京阪杯も8着とはいえ0.5秒差。
今の上がりのかかる中京コースはおあつらえ向き。

クラブ規定でこの3月には繁殖入が決まっている。
デキも過去最高と高野師。鞍上団野騎手はショウリュウイクゾで重賞初制覇を決めて勢いがある。
狙う価値あり🤩🤩🤩

2021年の競馬。初的中♪

恥ずかしながら京成杯で今年の初的中🎯きました😅✋

正月の東西金杯を取り逃がしマイナススタート⚡

京都金杯は14番人気3着の爆穴エントシャイデンを押さえながら、勝ったケイデンスコールを拾えず。

中山金杯も爆穴14番人気ロザムールが最後粘り切れず4着で、3着のウインイクシードを押さえられず3連単撃沈。
ヒシイグアスとココロノトウダイ馬連3番人気で1.990円ついてたのにはビックリ!
3連系中心で馬連オッズ見逃しの大反省😭

9日中山メイン、ニューイヤーS。14番人気ミッキーブリランテ押さえながら最後に3着ミラアイトーン捨ててさようなら〜😭😭

フェアリーS、8番人気2着ホウオウイクセル、6番人気3着ベッラノーヴァ押さえも、軸馬テンハッピーローズ4着でボタンの掛け違え。


嫌気がさして1/16(土)1/17(日)は馬券買わずに短期放牧を決め込むことに!

そうすると愛知杯3連単予想ドンピシャ💡
結局はそれならと禁を破って、日曜の京成杯で安くてもいいから初的中を!と馬連のみ買ってやっと的中🎯😅

なんとかこれでスタートラインに立てた感じ😅😅

馬の読みは悪くないけど、馬券ヘタが不調の原因💩💩

さあこれで来週から上昇気流に乗りたいものです🐴🏆🎵

2020 競馬を振り返る③非社台系の逆襲

下剋上!社台帝国に異変!

昨年の三歳クラシック戦線は、ノーザンファームを筆頭とする社台グループから1頭の勝馬も出ていません。

牡・牝とも非社台系のコントレイル、デアリングタクトがすべて勝っている訳で当然といえば当然なのですが(笑)

この異変は勝馬だけでなく、非社台系生産牧場、個人生産牧場から下記のように複数の活躍馬が出現していることからも読み取れます。

その中には激安ともいえる価格で取引された馬も目立ちます。

社台グループが競馬界を席巻している日本の競馬界。
それはそれで今日の日本競馬に対する貢献度は圧倒的であり称賛されるべきものです。ただ日高や浦河など歴史ある生産地が、経済的にも苦境に立たされている中からこうして活躍馬が登場してくることは、それら馬産地に希望を与えることになり、判官びいき的視点から見ても喜ばしいことだと思えます。

サラブレッドの価格としてはわずか1.200万円のデアリングタクトが史上初の無敗牝三冠馬になったなんて痛快じゃないですか♪

速さ、強さだけじゃない…。こうしたところにも競馬にロマンを感じてしまうのです。


【非社台系の3歳活躍馬】

■無敗の牡三冠馬
コントレイル(新冠町・ノースヒルズ

桜花賞3着、重賞2勝
スマイルカナ(新ひだか町・木田牧場)

オークス2着、重賞1勝
ウインマリリン(新冠町・コスモヴューファーム)

オークス3着
ウインマイディー(新冠町・コスモヴューファーム)


【中小牧場生産で2000万円未満落札馬】

■無敗の牝三冠馬
デアリングタクト(日高町・長谷川牧場)
セール落札価格 1.200万円

セントライト記念含む重賞2勝
バビット(浦河町大北牧場)
セール落札価格 500万円

神戸新聞杯3着
ロバートソンキー(新冠町・長浜牧場生産)
セール落札価格 1.000万円

日本ダービー5着、菊花賞4着、重賞1勝
ディープボンド(新冠町・村田牧場)
セール落札価格 1.650万円

※すべての該当馬を網羅している訳ではありません。

f:id:masa-million:20210101161544p:plain
写真はスマイルカナ(JRA-VANより)

2020 競馬を振り返る②大ブレークした騎手

今年最もブレークした騎手は…松山弘平

全体としては相変わらず年間204勝を挙げ断トツリーディング獲得のルメール騎手一強という結果で終わりましたが、ルメール、川田、福永に続く堂々の127勝で全体リーディング4位と大躍進!

3歳牝馬デアリングタクトと無敗でクラシック三冠を制し、2017年アルアインで初のG1皐月賞を制して以来のG1 4勝目を成し遂げました。

重賞競走は年始の京都金杯サウンドキアラで制してから快進撃が始まり、一気に年間9勝を挙げました。
2020年を含めて、これまでの重賞通算勝利が20勝ですから、一気に半分近くを稼いだことになります!

その勢いは2020年締めくくりの有馬記念でも!
敗れたとはいえテン乗りで11番人気サラキアで勝馬クロノジェネシスにクビ差まで迫る大健闘を見せました。

もともと誠実で実直な人柄を感じさせる好きな騎手だったのですが、今年はレースごとに松山騎手はどの馬に乗ってるのかな…と、特に気になる存在になっていました。

思えば2017年皐月賞。9番人気のアルアインでG1初勝利を挙げながら、次走ダービー5着以降はルメール、川田といったトップジョッキー乗り替わり。
悔しさもあっただろうに腐ることなく真摯に競馬と向き合い重ねた努力が報われた年だったと思います。
本当におめでとうございます。

振り返れば皐月賞で人気薄アルアイン単勝を的中した縁で松山騎手に注目するようになり、同馬の鞍上を他に持っていかれたときには「なんでやねん!」と残念な気持ちになり、その頃から特に応援するようになりました。

初の年間100勝超えを達成し、来年はさらなる活躍を期待しています♪

f:id:masa-million:20201230131013p:plain
写真は牝馬三冠を達成した松山騎手とデアリングタクト(JRA-VANより)